« June 2006 | Main | August 2006 »

下北サンデーズ !!!!

Shimokita
石田衣良の小説。ドラマ見たいけど、時間的にムリです。。。
今回も裏切ることなく面白いです。ただ、裏切らなさすぎ、っていうのもちょっと気になってきた。衣良慣れ、かもしれないけどね。相変らずの抜群の安定感です。「LAST」見たいな読んでキツイのも、「真珠」みたいな感動も、たぶん全部好きなんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

図書館の神様 !!!

Toshokannnokamisama
「きっぱりさっぱりするのは楽じゃん。そうしてれば正しいって思えるし、実際間違いを起こさない。だけどさ、正しいことが全てじゃないし、姉ちゃんが正しいって思うことが、いつも世の中の正しさと一致するわけでもないからね」

瀬尾まいこの小説。主人公の姉が弟に言われる言葉。うーん、自分が言われてるようだ。でもそうなんだよね。自分がいっくら自信あったって、人によっては違うこと、いくらでもあるからね。でも正しいことを堂々と正しいと言える自分はそうあり続けたいけど、押し付けはよくないし、他のやり方もあるってのもちゃんとわかってるつもり。
いやー、まだまだ気づいてないよー、って言われそうな気もするけど。多少は進歩してるつもりだよ。たぶん。

比較的どろどろした話をあっさり書いてしまう瀬尾さんは、結構すごいと思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

陰日向に咲く !!

Kagehinatanisaku
劇団ひとり著。連作小説。
正直いって期待値0で読み始めました。このひとに小説はどうよ、って。でも買った(そう、買っちゃってるんですよね)時点で、何か期待してたのかな。
共感できる作品、結構ありました。いかにも人間臭いのが競馬のやつ。最後のかけ方って、人生だねぇ。
買うのはともかく、読むのはオススメです。でも帯の恩田さんのように、あと2作おもしろかったら、、、 「!」3つかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヴィチーノ !!!!

ヴィチーノ !!!!


本格イタリアン。何が本格って値段じゃなくて味が、なんです。
若夫婦(えらく美男美女)の二人で切り盛りされてるので、料理がでてくるのに多少時間かかるかもしれないんですが、めちゃ気に入りました。若干クセがあるかも(主に香り?匂い?)ですが、私の好みなんです。また行こう。きっと行こう。
イタリア料理 Vicino
052-762-3986

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旭山動物園 !!!

Penguin
旭川滞在中、2回も行っちゃいました。東山動物園、豊橋の動物園等を参考にしたらしいですが、すばらしかったです。
何が、といえば「見せ方」ですね。距離感、臨場感、一体感、すべてスゴイです。
ホッキョクグマのダイビングとか、水の中を「飛ぶ」ペンギンとか、こんな柵で大丈夫なの?っていう猛獣系、エレベーター状態のゴマちゃん、などなど。
外国人にはどうかと思うけど、日本語手書き「解説」が結構笑えます。一番はエゾシカ。「ところで担当の私が言うのもどうかと思いますが、エゾシカの肉は美味しいです!」。普通、書かんわな。でも杓子定規みたいな解説より、だんぜん読んじゃいますよ。百科事典に書いてあることより、実際触れてみて、とか、実際育ててみて、の感想を知りたいわけで。飼育されてる方が楽しんでいる感じが伝わってきました。
そして方針の統一感、がありました。園の方針を全員で理解し、同じ方向に向かっている。一企業としても、会社(じゃないけど)のあるべき姿、を感じます。そりゃ、伸びますわ。今後も期待したいです。
ちなみに、プリン、美味しかったです。ソフト、美味しかったです。でも足は、筋肉痛です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

愛のあとにくるもの !!!

Ainoatokikurumonobeni

別れのあと、互いに連絡をとらずに7年が過ぎた。言葉が足りなかったために起こった、すれ違い。後悔の念は積もってゆく。時を超えて交錯する、恋人たちの運命―偶然が二人を再会させると、別離の日から男女がそれぞれに歩んだ日々が浮かびあがる。再会の7日間に奇跡は起こるのか?感動のラストシーンまで一気に読ませる、恋愛小説の傑作。男の視点を辻仁成が、女の視点を200万人の韓国女性のファンをもつ、韓国No.1人気女性作家の孔枝泳(コン・ジヨン)が描く、愛のハーモニー。(Yahooより)

なんかね、紫門ふみの「あすなろ白書」を思い出しました。全然違うやん、って思うかもしれないけど、「20歳の女のコの「だってすきなんだもん」にかなうものはない」っていう、アレです。韓国の女性の考え方は、日本人とそんなに変わらないのかな、と思いました。逆にオトコは、いいか悪いかは別にして、なさけないぞ日本人(含む自分)!って感じですかね。やっぱり2冊読んでナンボ、かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山本屋本店 !!

山本屋本店 !!


名古屋名物、味噌煮込みです。黒豚ロースとほうれん草一藁のせで2520円。うどんでこの値段!?って思うかもしれませんが、ふつうのうどん屋行けば、1000円しません。さすがに美味しかったです。生煮え、と思うくらいの硬さも、たまになら全然OKです。でも次はいつくるかと言えば……財布と要相談かも(^^)
052-954-0253

| | Comments (0) | TrackBack (0)

灰色のピーターパン !!!!

灰色のピーターパン !!!!


やっぱり本は短期間で読まなくちゃね、映画みたいなスピード感が大事だし、何よりよほど面白くない限り、何日も何日もかけてたら忘れちゃうよ、というのが親友との結論。なんていいながら、話の筋をすぐ忘れてしまうあたり、全く説得力にかけますが(>_<)
石田衣良の池袋ウエストゲートパークⅥなんですが、相変わらずマコトはカッコイイです。タカシもサルもね。なんかかっこよすぎるマコトもどうかと思うけど、たまにはいいんじゃないかな。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

morimoto !!!

Tomajelly1
北の菓子工房「もりもと」の「太陽いっぱいシリーズ・とまとゼリー」を、札幌の裕さんにいただきました。
トマトでゼリー?!って思いましたが、こりゃまた絶品でした。すごいね、フルーツだね。でも、ちゃんと味はトマトなんだよね。不思議不思議^^
あとロイスのチョココーティングポテトチップスももらいました。わざわざ旭川まで来てくれてありがとー。お礼はいつかね。まずは気持ちだけ。へへ。
http://www.haskapp.co.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大舟 !!!

Oohune
旭川の親友・なおちゃんが連れてってくれたお店。
旭川デビューがこんないい店でいいんかいな?ってくらい、最高の食材のオンパレードでした。以前福井の越前海岸で食べた魚介類が人生最高かと思ってたけど、負けないくらいのおいしさでした。そのわりには値段は高くないです。
http://www.oofune.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

flower cafe hanna !!!

Hanna
以前、木の椅子をネットで購入した店。だいたい想像してましたが、思いっきり雅姫系のお店でした。
購入した木の椅子は、その前にペニーワイズで購入した壁掛けラックのように、古びた白ペンキ仕様で、いい感じでした。
しかし旭川着くなりいきなりナビでここを検索して行くひとは、、、いないだろうなぁ。
http://www.fcafe-hanna.com/index.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うちの3姉妹 !!!

Uchinosannsimai
やぶさんに教えてもらったブログの書籍版。旭川旅行中に読むつもりで買いました。
次女・リベロと三女・社長、最高ですね。完璧にハマりました。
http://ameblo.jp/3shimai

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »